アロマオイル(精油)の使い方・楽しみ方【吸入】 - [アロマオイル(精油)の通販専門店アロマ・タイム]

  • 商品検索
  • アロマオイル名検索
    例:ラベンダー

フレッシュUVクリーム

  • アイテム
  • セット商品
    (目的に合わせたセット)

【営業日のご案内】

2018年01月の定休日
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年02月の定休日
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

グレー:定休日
ブルー:午前中休み
オレンジ:午後休み
グリーン:臨時休業

【営業時間】10時〜16時


rapidssl

アロマオイル(精油)の簡単な使い方・楽しみ方 - 吸入

アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の使い方、吸入方法をご紹介します。

芳香浴 | アロマバス | 吸入 | 湿布 | アロマトリートメント |

吸入

精油成分を直接または蒸気と一緒に積極的に吸入し、呼吸器系の不調を緩和する方法です。

注意点
・精油によっては粘膜への刺激が強いものがあるので、目を閉じて行いましょう。
・長時間の吸入はさけましょう。

◎ティッシュペーパーやハンカチを使って

ハンカチやティッシュにアロマオイルを1〜2滴落とし、積極的に吸入します。

◎蒸気吸入・フェイシャルスチーム

洗面器やマグカップに熱めのお湯(50℃〜60℃)を入れ、アロマオイルを1〜3滴落とします。蒸気が逃げないように頭からバスタオルをかぶり、洗面器からたちのぼる蒸気を吸い込みます。フェイシャルの場合は洗顔後に行ってください。

注意点
・せきが出る時やぜんそくの場合は、蒸気の刺激がせきを誘発するので、蒸気吸入はさけましょう。

アロマオイルの使い方、楽しみ方【吸引】

▼おすすめのアロマオイル

風邪・インフルエンザ予防ティートリーラベンダーレモンマージョラムユーカリペパーミント
のどの痛みマージョラムクラリセージシダーウッドサンダルウッド
咳が出るフランキンセンスマージョラムユーカリ(咳き込む場合はダメ、たんを出しやすくさせたい場合などに)

湿布の方法へ


芳香浴 | アロマバス | 吸入 | 湿布 | アロマトリートメント |

line2.gif

精油は医薬品ではなく、医療行為に代わるものではありません。現在の身体状況や治療・投薬等については医師の指示に従ってください。当サイトはアロマテラピーに関する行為によって生じたいっさいの損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。十分にお気をつけになってお楽しみくださいませ。

---

アロマ・タイム トップ