アロマオイル(精油)の使い方・楽しみ方【アロマバス】 - [アロマオイル(精油)の通販専門店アロマ・タイム]

  • 商品検索
  • アロマオイル名検索
    例:ラベンダー

フレッシュUVクリーム

  • アイテム
  • セット商品
    (目的に合わせたセット)

【営業日のご案内】

2018年09月の定休日
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2018年10月の定休日
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

グレー:終日休み
ブルー:午前中休み
オレンジ:午後休み

【営業時間】10時〜16時


rapidssl

アロマオイル(精油)の簡単な使い方・楽しみ方 - アロマバス

アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の使い方、アロマバスのご紹介です。

芳香浴 | アロマバス | 吸入 | 湿布 | アロマトリートメント |

アロマバス

バスタブや洗面器にためたお湯にアロマオイルをたらし、香りを楽しむ方法です。血行が良くなるとともに肌からも精油の有効成分を取り入れることができます。

注意点
・香りの刺激の強さによりアロマオイルの入れる滴数を加減しましょう。
・皮膚に刺激を感じたらすぐに洗い流しましょう。柑橘系やスパイス系は滴数を少なめにしましょう。
・敏感肌の方はアロマオイルを植物油などの基材に混ぜてから使用しましょう。
・長時間の入浴は身体に負担がかかる場合もあるので、体調に合わせて行いましょう。
・お子様やお年寄りの方には滴数を加減しましょう。

◎全身浴

バスタブにお湯をためてアロマオイルを1〜5滴落とし、よくかき混ぜ肩までつかります。
[リラックスしたい場合]
ぬるめ(38℃〜40℃)のお湯に浸かると、副交感神経が優位になり、身体の疲れが取れやすくなります。お休み前におすすめです。
[リフレッシュしたい場合]
熱め(42℃以上)のお湯に浸かると、交感神経が優位になり、身体は活動状態になります。眠気を取りたい時や元気を出したい時におすすめです。

アロマオイルの使い方、楽しみ方【アロマバス】

◎半身浴

バスタブにお湯をためてアロマオイルを1〜3滴落とし、よくかき混ぜみぞおちまでつかります。ぬるめのお湯に30〜40分くらい浸かると血行が良くなり、全身が温まります。上半身が冷えないようにタオルなどをはおると良いでしょう。

◎ハンドバス

洗面器に少し熱めのお湯を入れ、アロマオイルを1〜3滴落とします。よくかき混ぜてから両手首を5〜10分くらいつけると良いでしょう。上半身の血行を良くしたい時におすすめです。

◎フットバス

洗面器やバケツに少し熱めのお湯を入れ、アロマオイルを1〜3滴落とします。よくかき混ぜてから両足首や膝まで、5〜15分くらいつけると良いでしょう。足が疲れた時や、冷え性、足のむくみにおすすめです。

▼おすすめのアロマオイル

リラックスしたいラベンダーカモミール・ローマンオレンジ・スイートマージョラムクラリセージシダーウッドヒノキ
リフレッシュしたいジュニパーローズマリーペパーミントゼラニウム

【肌が敏感な方】

アロマオイルをそのまま入れると肌がピリピリする方は、コーヒーフレッシュや乳液などの乳化剤に上記のアロマオイルを溶かしてから、お風呂に入れる方法もおすすめです。

吸入の方法へ


芳香浴 | アロマバス | 吸入 | 湿布 | アロマトリートメント |

line2.gif

精油は医薬品ではなく、医療行為に代わるものではありません。現在の身体状況や治療・投薬等については医師の指示に従ってください。当サイトはアロマテラピーに関する行為によって生じたいっさいの損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。十分にお気をつけになってお楽しみくださいませ。

---

アロマ・タイム トップ