アロマオイルのブランドの違いについて - [アロマオイル(精油)の通販専門店アロマ・タイム]

  • 商品検索
  • アロマオイル名検索
    例:ラベンダー

フレッシュUVクリーム

  • アイテム
  • セット商品
    (目的に合わせたセット)

【営業日のご案内】

2017年06月の定休日
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2017年07月の定休日
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

グレー:定休日
ブルー:午前中休み
オレンジ:午後休み
グリーン:臨時休業

【営業時間】10時〜16時


rapidssl

アロマオイルのブランドの違いって…!?

アロマオイルにはさまざまなブランドがあります。なぜこんなに価格に幅があるの?と疑問に思われる方も多いでしょう。オーガニックであったり、きちんと成分分析表がついているアロマオイルになるとお値段も高くなってきます。
当店で取り扱うブランドの特徴と主な用途をご紹介いたします。お買い求めの参考にしてみてくださいませ。

上級者・セラピスト・医療従事者向け

プラナロム

プラナロム
商品一覧へ

特徴
・国内で再分析された成分分析表がついている。
・ケモタイプ精油である。
・医療現場でも使われている。
※ケモタイプとは:植物に含まれている成分を化学的に分析し、特徴的な成分の含まれる割合で植物を分類・同定するという考え方です。
主な用途
トリートメントやマッサージ おすすめの使い方
手作りコスメやアロマグッズ
芳香浴、アロマバス、吸入など一般的な使い方

中級者・セラピスト向け

ドクター・エバーハルト

エバーハルト
商品一覧へ

特徴
・フランスの分析機関で分析された成分分析表がついている。
・昔ながらの蒸留法で製造。香りが劣化しにくい。
・ナチュラル・アロマ・コスメのメーカーとしても評判高い。
主な用途
トリートメントやマッサージ
手作りコスメやアロマグッズ おすすめの使い方
芳香浴、アロマバス、吸入など一般的な使い方

アロマラント

アロマラント
商品一覧へ

特徴
・ドイツ自社で成分分析されている。
・パッケージがなく、比較的お求め安い価格。
・ドイツでは医院や治療院などでも使われている。
主な用途
トリートメントやマッサージ
手作りコスメやアロマグッズ
芳香浴、アロマバス、吸入など一般的な使い方 おすすめの使い方

初心者向け

ガイア

ガイア
商品一覧へ

特徴
・生産者から直接仕入れた精油を国内で重鎮している。
・使いやすい5mlのボトル。
・酸化防止の窒素ガスを重鎮している。
主な用途
トリートメントやマッサージ
手作りコスメやアロマグッズ
芳香浴、アロマバス、吸入など一般的な使い方 おすすめの使い方
---

アロマ・タイム トップ