クローブのアロマオイル、関連商品 - [アロマオイル(精油)の通販専門店アロマ・タイム]

  • 商品検索
  • アロマオイル名検索
    例:ラベンダー

フレッシュUVクリーム

  • アイテム
  • セット商品
    (目的に合わせたセット)

【営業日のご案内】

2017年06月の定休日
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2017年07月の定休日
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

グレー:定休日
ブルー:午前中休み
オレンジ:午後休み
グリーン:臨時休業

【営業時間】10時〜16時


rapidssl

クローブの紹介とアロマオイル、関連商品

名称クローブ科名フトモモ科
抽出部位花蕾抽出方法水蒸気蒸留法
主な成分オイゲノール
β-カリオフィレン
フルフロール
香りの種類クローブ
スパイス系
主な産地マダガスカル、スリランカ、インドネシア、ブラジル
香りの特徴強くスパイシーな中に、ほんのり甘さが香る
こんな時にオススメ:集中力UP :パワーアップ
プロフィール熱帯多雨原産で高さが10mほどに育つ常緑樹で、和名では丁子(チョウジ)と呼ばれます。インドや中国では殺菌・消毒剤とし使われていました。また中国では歯が痛い時に、つぼみを噛んで痛みを和らげたそうです。
現在では、香辛料として親しまれており、インドカレーではシナモン、カルダモンと並んで欠かせないハーブです。
クローブ精油はスパイシーな中に甘さを含む強い香りです。気持ちを高揚させる作用を持つので、気力が出ない時や、やる気を起こしたい・集中力をUPさせたい時などに有効です。
オイゲノールという殺菌や防腐作用を持つ成分を多く含むので、部屋の空気の浄化や衣類の虫除けなどにもおすすめです。ゴキブリが嫌う香りとしても知られています。
単体で使用するより、レモンやオレンジ・スイートなど柑橘系の香りとブレンドすると良いでしょう。
注意事項強い精油なので、低濃度で使用しましょう。
妊娠中、乳幼児の使用は避けましょう.

セラピストコメント

以前、家にゴキブリが出たので、クローブの精油をコットンに垂らして部屋のあちこちに置いたことがあります。香りが強く、芳香浴にはちょっと…と思って敬遠していたのですが、レモンやラベンダー、パチュリーとブレンドしてみたところ、今まで嗅いだことのない、クセになりそうな香りができあがり、新しい発見でした。クローブはブレンドすると香りにアクセントをもたらしてくれる精油ですね。

クローブ/チョウジ

クローブ/チョウジ
アイテム : アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)
ブランド : アロマラント
容量(サイズ) : 10ml
価格 : 1,400 (税込 1,512円)

強くスパイシーな中に、ほんのり甘さが香る

詳しい情報はこちら

現在品切れ中

オイルの種類一覧へ戻る

---

アロマ・タイム トップ